あなたのページ

サイトの『登録』ボタンを押すと、こちらのページで表示されます。


生活とは基本的に、命をつなぎ活動することであり、また生きながらえるために行う様々な活動である。 人は生き続けるためには、少なくとも、何らかの栄養を取らなければならず、(一般に)身体に何かをまとうことで体温を保つ必要があり、また野の雨や風をしのげる場所で眠りをとることを必要とする。つまり食べること、着ること、住まうことである。日本では、そうした生活の基本を漢字で簡潔に表現しようとする時は「衣食住」(いしょくじゅう)などと表現する。「衣食住」の基本は、人が生活していく上で必要な、食(食事)、衣(衣服)、住(居住、雨風をしのげる寝場所)の確保である。

生活を構成するもの

基本、普遍
  • 食べる – 栄養をとること。食事。そのために食材を入手し調理をすること(あるいは食品を入手すること)。
  • 着る – 身体が冷えないように衣類をまとう。
  • 住まう – 睡眠をとり身体に休養を与えるための場所を確保すること。居住住居の確保。
  • 世界を解釈し、その世界像のもと、上記のさまざまな活動を営み(食べ、住まい、子供を産み育て)表象行為を行う。(もともと生きることと、世界解釈と一体化して生きることは不可分であった)現代風に言えば、「信仰生活」「宗教行為」「年中行事」など。
  • 子供をつくり、産み、育てる - (婚姻)、受胎調節出産子育て
  • 老人が孫の子育てを手伝い若い世代に知恵を授け、若い世代が老人の世話をする – 子育て扶養介護
近代化、資本主義化以降
  • (食糧を直接自分で狩る、採る、漁する代わりに)貨幣を得る – 貨幣を得られる仕事労働)をする。家計を成り立たせること。
近年

「生活」の原義にとどまらず、生活以上の何か、QOLに関わる様々なこと。例えば健康の維持・増進など[注 2]。 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目生活を素材として二次利用しています。

ナニデキル
タイトルとURLをコピーしました