ミスを減らすチェックリスト作り

認識ミス・確認ミス・うっかりミスを減らす効果的なもの

チェックリスト活用方法や、作成方法はさまざま。

このページでは、効果的と思われるポイントをリストアップします。

状況に合わせて効果的な手法でチェックリストを活用しましょう。

チェックリストの様々なポイント

・同じ作業では、毎回同じものを使う

やるべき作業が可視化される

・時系列に沿って作業手順を書き出す。

チェックボックスの項目に従うだけで作業が完了する

・重要項目は色や見た目、文字サイズを変える

・ミスの起きやすいものは文字色を変えて注意喚起する。

・誰でも理解できる書き方をする。

・ミスが起きそうな項目だけのにする。

・一つひとつの手順を詳細に、わかりやすい表現で記載

・業務の抜け漏れを防ぐ。

・誰がやっても同じ品質、同じ認識で仕事ができる

・あいまいな作業もすべて文字にする

・仕事のコツ、ポイントも書き足すことで、「迷う」時間が減る。

・省略せずに毎日使用し、変更点も更新する。

・誰が、いつ、何の作業をしたのか履歴を残す。

・作業時間の違いによって、ボトルネックの分析に役立てられる。

・目的と利用する環境を考える。

・作業の結果を記録するため。

・作業内容に漏れがないかの確認をする。

・確認ポイントを明確にして、品質を安定させる。

・作業手順、作業方法の可視化

・作業者の負担にならない範囲で考える。

・No/カテゴリ/作業項目/方法と注意点/チェック内容/所要時間/作業者/備考

・作業者/作業日時/チェック欄/備考/申し送り事項

・チェック内容は、誰でも判断ができるよう、判断ミスを減らすため具体的に明確に記載する。

・利用者からのフィードバックをもらい、試験運用する。

・内容の更新、精度向上、継続利用し現場に定着させる。

・別途マニュアルがある場合は、チェックリストに記録することを記載する。

・重要な個所はダブルチェックを行う。

・作業工程の最後にチェックリスト記入のチェックを管理者が確認する。

・チェックリストの更新ルールを決め、メンバーも更新できるようにする。

・作業手順を可視化し、全体の流れを把握する事ができる。

・繰り返し利用することで、改善案に気付き改善案が見つかる場合がある。

・作業漏れに起因するミスを減らすことができる。

・チェックリストを確認することで進捗状況を把握することができる。

・時系列に沿って作成し、作業をすべて言語化する。これによってチェックの項目だけで作業が完了できる。

・自分だけがわかる表現や略語ではなく、誰絵も理解できるようにする。

・自分の作業の全体像の視覚化、把握。ゴールを意識して理解を深める。

・効率の良い作業の進め方でチェックリストを作成することで、効率の個人差をなくすことができる。

・作業を「見える化」することができ、担当者の変更や、作業の引継ぎなどがスムーズに行える。

・何のために、誰が、いつ使用するのか?を考慮する。

・チェックに手間がかからないようにする。

・チェックリストの意味、目的を理解してもらうことで、チェックのミスを減らす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました