マニュアルの種類

マニュアル

規範マニュアル

・基本方針を定めたもの
・グループの方向性を定め、判断や考え方の基準となるもの

業務マニュアル

・仕事の進め方
・オペレーションマニュアル、業務フロー
・知っておくべき概念や知識、基準

危機管理マニュアル

・問題や不測の事態が起きた場合の対応

取り扱いマニュアル

・機器の取り扱いや操作方法をまとめたもの

教育マニュアル、教材

・スキルアップのカリキュラム

作業手順書とは

・作業手順。作業の進め方
・特定の業務の進め方
・作業手順、要点、注意点、判断基準など

業務マニュアルと作業手順書の違い

・どちらも実務に関するものだが、業務の範囲に違いがある。

業務マニュアル

・業務マニュアルの範囲は業務単位。内容には、方針や理念、業務フロー、作成方法、注意事項、判断基準などが含まれる。
・業務の進め方や完了の基準

作業手順書

・作業手順書の範囲は作業単位ごと。内容には、業務の目的、必要なもの、判断基準、手順と要点、注意事項などが含まれる。

作業手順書のほうがより細かい。業務マニュアルのほうが流れなどを把握しやすい。
作業手順の方がより細分化されている。業務マニュアルの方がより全体を把握しやすい。

業務マニュアルの利点

・業務の属人化を防ぎ、標準化をさせる。
・全体フローを俯瞰的にとらえて、作業の効率化やミスを減らす。
・自分の作業だけではなく、全体を理解することで知識やスキルを広げることができる。
・品質の均一化

コメント

タイトルとURLをコピーしました