マニュアルとチェックリストの違い

チェックリスト

マニュアルとチェックリストの違い

マニュアル

業務を再現するもの
全体像を把握するもの

チェックリスト

業務の品質をチェックするもの
細部のポイントを確認するもの
業務内容や手順を項目化し、レ点を入れて業務の漏れがないようにする。
確認を要する項目を列挙した表。

チェックリストはマニュアルより簡潔なもの

間違いの多い個所や、重要な問題個所に関してのみ作成
決まり切った手順のものへの対応。イレギュラーな問題解決は効果的ではない。

チェックリストの重要性と関係性

マニュアルのみで業務を行う

マニュアルだけだと業務が正確に行えたかの確認が不十分となる。

マニュアルとチェックリスト両方で業務を行う

両方を使用することで、業務を行い品質を確認することができる。

チェックリストのみで業務を行う

業務の内容によっては、チェックリストだけを使用することで十分な場合もある。
これは、マニュアルの作成コストを減らすことも可能となる。

チェックリストの活用例

・定型的な作業でのミスを減らし、より難易度の高い業務に集中することが出来る。
・業務のスピードと正確さの改善につながる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました