情報

情報に関する人気サイトをランキング形式でご紹介します。

みんなの順位
Page1
≪前へ 1 2 次へ≫
1 税理士情報検索サイト 税理士の情報が検索できる 53
2 yahoo!JAPAN サイト検索ができる 50
3 Yahoo!ニュース ニュースが読める。 34
4 Renta! 漫画・小説・電子書籍がレンタルできる 32
5 産経ニュース ニュースが読める。 31
6 カーセンサーnet 中古車情報が検索できる 30
7 毎日新聞のニュース・情報サイト ニュースが読める。 30
8 Google ニュース ニュースが読める。 29
9 MSN ニュース ニュースが読める。 28
10 YouTube 投稿動画が見られる 28
11 日本郵政グループ>郵便局・ATMをさがす 郵便局のATMが探せる 26
12 日刊スポーツ スポーツニュースが読める。 25
13 時事ドットコム ニュースが読める。 24
14 google サイト検索ができる 24
15 ヤマト運輸>直営店・取扱店検索 店舗検索ができる 24
16 セブン銀行>ATM検索 店舗検索ができる 24
17 スズキ株式会社>四輪車 販売店検索 四輪車 販売店検索ができる 24
18 焼肉きんぐ>予約・店舗検索 店舗検索ができる 24
19 タイムズカーシェア>ステーションを探す ステーションを探すことができる 24
20 ロイター 国際ニュースが読める。 23
21 読売新聞オンライン ニュースが読める。 23
22 店舗検索>mineo(マイネオ) 店舗検索ができる 23
23 郵便番号検索 郵便番号検索ができる 22
24 エポスカード>エポスATM検索 エポスATM検索ができる 22
25 ドコモショップ>NTTドコモ 店舗検索ができる 22
26 ドラぷら(NEXCO東日本)>高速料金・ルート検索 高速料金・ルート検索ができる 22
27 コーナン>店舗検索 店舗検索ができる 22
28 町田市立図書館>詳細検索:蔵書検索システム 蔵書検索ができる 22
29 日刊サイゾー 芸能ニュースが読める 21
30 auショップ/au Style検索 auショップの検索ができる 21
31 佐川急便>担当営業所検索 店舗検索ができる 21
32 札幌市図書館>蔵書検索・予約システム 蔵書が検索できる 21
33 ニコニコ動画 投稿動画が見られる 20
34 GYAO! 配信動画が見られる 20
35 J-PlatPat 特許情報を検索できる 20
36 横浜市立図書館蔵書検索ページ 蔵書検索ができる 20
37 検索>日本テレビ 番組の検索ができる 20
38 NEXCO>高速料金・ルート検索 高速料金・ルート検索ができる 20
39 ツイキャス 配信動画が見られる 19
40 クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム 荷物お問い合わせができる 19
41 MapFan>ルート検索 ルート検索ができる 19
42 国税庁法人番号公表サイト 法人番号の検索ができる 19
43 詳細検索:蔵書検索システム 千葉市図書館 19
44 goo検索 サイト検索ができる 18
45 UNIQLO>ユニクロ店舗検索 ユニクロの店舗が検索できる 18
46 国立国会図書館オンライン 蔵書検索ができる 18
47 大田区立図書館>資料検索 図書館資料が検索できる 17
48 楽天ウェブ検索 サイト検索ができる 17
49 ジョルダン 乗換案内・路線情報・時刻表・運行情報サービス 鉄道・バスの運行・乗換が検索できる 17
50 タイムズカーシェア>ステーション検索 ステーションを探すことができる 17

Page1
≪前へ 1 2 次へ≫


このページではみんなの人気サイトをランキング形式でご紹介しています。インターネットで何かしたいとき、何か面白いサイトを探したいとき、どんなサイトを見るか迷ったときにご利用ください。


情報(じょうほう、英語: informationラテン語: informatio)とは、

  1. あるものごとの内容や事情についての知らせ[1]のこと。
  2. 文字・数字などの記号やシンボル媒体によって伝達され、受け手において、状況に対する知識をもたらしたり、適切な判断を助けたりするもの[1]のこと。
  3. 生体が働くために用いられている指令や信号[1]のこと。
  4. (情報理論(通信理論)での用法)価値判断を除いて、量的な存在としてとらえたそれ

日本語の「情報」は1876年明治9年)に出版された『佛國歩兵陣中要務實地演習軌典』[6]において、仏語 renseignement (案内、情報)の訳語として「知する」意味で用いられたのが最初である[7]。英語intelligenceの意味での「情報」の語の使用は、外務省国際情報統括官組織防衛省情報本部などの情報機関に、現在でも見られる[8]

informationの訳としては、19世紀にはまだ情報という語をあてることはされていない。たとえば、1879年(明治12年)刊『民情一新』で、福澤諭吉はinformationの社会的影響について論じたが、当時、日本語に対応する訳語が存在せず「インフォルメーション」(59ページ最終行)と仮名書きしている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目情報を素材として二次利用しています。
ナニデキル
タイトルとURLをコピーしました