TOEIC Speaking & Writing Tests 攻略ポイント・リストアップ

概要

  • 大きく分けるとSpeaking Test約20分、Writing Testテスト約60分

Speaking Test

  • 問題数11問、テスト時間約20分

Speaking Testの構成

  • Read a text aloud(音読問題) 、2問、各問45秒(準備各45秒) 、短い英文音読
  • Describe a picture(写真描写問題) 、2問、各問30秒(準備各45秒) 、写真内容説明
  • Respond to questions(応答問題) 、3問、15秒または30秒、インタビューまたは、電話会話
  • Respond to questions using information provided(提示された情報に基づく応答問題) 、3問、15秒または30秒、資料や文書
  • Express an opinion(意見を述べる問題) 、1問、60秒、テーマについて、自分の意見

Speaking Test(Read a text aloud(音読問題))の攻略・ポイント

  • アナウンスや、広告内容の短い英文音読
  • 45秒の準備期間に練習で読む。読めない箇所のチェック、強調個所、リンキングのチェック
  • 聞き手に取ってわかりやすくするには、文章中の自然な間、抑揚、強弱、リズム

Speaking Test(Describe a picture(写真描写問題))の攻略・ポイント

  • 写真を見て内容説明
  • 準備時間に把握する。「何があるか?どんな人がいるか?何色か?天気は?」
  • 「誰が」「どこで」「何を」「どのように」
  • 登場人物や物の数、人物の行動・場所、人物の服装・持ち物、物の位置・状態・数
  • 一般的5W1H、When:いつ/Where:どこで/Who:だれが/What:何を/Why:なぜ/How:どのように
  • キーワード「どこ」「天気」「誰」「色」「服」「行動」「何を」「数」「状態」「位置」

Speaking Test(Respond to questions(応答問題))の攻略・ポイント

  • 身近な問題について答えるなど
  • 準備時間はない。間のピープ音3秒で考える。
  • 自分の真の意見でなくても答えられれば良い。

Speaking Test(Respond to questions using information provided(提示された情報に基づく応答問題) )の攻略・ポイント

  • 提示された資料を基に問い合わせに答える。
  • 最初に45秒の準備時間がある
  • 何の資料か、情報の配置場所、を把握し、余った時間で詳細を読む
  • いつ?場所はどこか?開始時間は?何時間続く?経費は?などの情報の配置場所を把握する

Speaking Test(Express an opinion(意見を述べる問題))の攻略・ポイント

  • 30秒の準備時間に論点を整理、キーワードを整理
  • 説得力のある理由や具体例を述べるとよい
  • 解答例『結論⇒理由⇒例⇒締めの結論』
  • 解答例「意見(I agree~/I disagree~)⇒理由・例(For example~)⇒反対意見(Actually~)⇒結論(So,I agree to~)」

Writing Test

  • 問題数8問、テスト時間約60分

Writing Testの構成

  • Write a sentence based on a picture(写真描写問題)、5問、5問で8分、2語(句)を使い、写真の内容の文作成
  • Respond to a written request(Eメール作成問題)、2問、各問10分、25~50語程度のEメールの、返信メールを作成
  • Write an opinion essay(意見を記述する問題)、1問、30分、テーマについて、自分の意見を理由、例とともに記述

Writing Test(Write a sentence based on a picture(写真描写問題))の攻略・ポイント

  • 与えられる語(句)は語形を変化させる場合あり
  • スペルミスや文法ミスに注意。
  • 短くても正確に、難しい英単語を避けて正しい1文
  • 時間配分に注意。出来なかったら次の問題に。そのあと前の問題に戻って回答する。

Writing Test(Respond to a written request(Eメール作成問題))の攻略・ポイント

  • 次の問題に進んだら戻れない。見直しなど制限時間をうまく使う。
  • 最初にディレクションを確認、「返信に含む事柄」「求めている情報」の把握
  • ヘッダー項目確認。「誰から、誰へ、何について、いつ」を把握
  • Toの部分が自分の立場(返信者)
  • 英文Eメールの例。宛名、導入、本文、締め挨拶、差出人名
  • 挨拶、本文、結び

<挨拶例>
Dear 〇〇,
Thank you for your e-mail.

“To Whom It May Concern(ご担当者様)”という表現も便利

<本文例>
<冒頭例>
I have some questions for you.
I would like to ask you three questions.
I would like to ask two questions and explain one problem.

<順序の例>
First,~. Second,~. Third, ~.

<結び>
Sincerely,(敬具/フォーマル)
Regards,(ややカジュアル/よろしくお願いします)
Best regards,(親しい関係/いい事がありますように)

<署名>
名前→部署名→会社名の順

Writing Test(Write an opinion essay(意見を記述する問題))の攻略・ポイント

  • 自分の考える意見と、その根拠や、例示を記述する
  • 自分の意見や、賛成か、反対の立場を決める。
  • その立場の根拠と例示を記述する
  • 書き方の例、最初に主張か立場を述べる。その理由、例示を上げる。最後にまとめで再度主張して賛成か反対かを述べる。「主張⇒理由⇒例⇒主張」
  • 自分の考えでなくても、説明しやすい意見を選択することもできる。
  • まず日本語で考えをまとめるのも、主張をまとめやすい。
  • 書き方の例、序論、本文、結論。
  • 序論で主張を書く。
  • 本文を3つに分け、各項目1分目に、トピック文を書き、理由・根拠・詳細・具体例など書く。
  • 結論で再度主張。序論と内容は変えずに、なるべく同じ文章にならないように。
  • 300語以上、400語程度を目標にする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました